• トップ
  • 製品一覧
  • 取扱店紹介
  • 過去取り扱い製品
  • お問い合わせ

イモビライザーは後付けできる?イモビライザーで気をつけたいこと

イモビライザーは、盗難防止のために有用な手段のひとつです。しかしながら、イモビライザーを導入の際は、気をつけなければならないことがあります。また、イモビライザーの後付けについてもお伝えしますので、バイクの盗難防止にイモビライザーをご検討中の方は、どうぞご確認ください。

イモビライザーは後付けできる?

イモビライザーは後付けできる?

イモビライザーの取り付けは、基本的にバッテリーにつなげて行います。エンジンキーの中に電子制御装置が内蔵されており、新車購入の際に別途オプション料金を支払うことで設置できる場合もあります。

では、最初にイモビライザーを追加で購入しなかった場合、イモビライザーを取り付けることはできないのでしょうか?

たとえ最初にイモビライザーを取り付けなかった場合であっても、イモビライザーを後付けすることはできます。ただし、車種によって、対応しているイモビライザーは異なりますので、確認が必要です。

イモビライザーに関して注意すべき点

イモビライザーに関して注意すべき点

第一の注意点が、イモビライザーが原因となるバッテリー上がりです。前述した通り、イモビライザーはバッテリーを使うので、場合によってはそれが原因でバッテリーが上がってしまうことがあります。よって、イモビライザーを使う場合、バッテリーのチェックは普段から行いましょう。

次に重要なのが、イモビライザーの鍵をなくしてしまった場合の対処法です。イモビライザーの鍵は、通常の鍵と比べて合い鍵作りに高額なお金がかかるため、なくしてしまったうえに合い鍵もない、という状態に陥ることは想像に難くありません。よって、そういった事態に陥ってしまったときのため、あらかじめその対処法を考えておきましょう。

例えば、JAFを呼ぶ、ロードサービスを使うなど、イモビライザーの鍵を開けたい場合は基本的に誰かに頼ることになります。万が一なくしてしまったとき、どこのサービスに救済を依頼するのか普段から整理しておき、電話帳やメモ帳に、その電話番号を控えておきましょう。

イモビライザーの注意点についてまとめました。バイクのイモビライザーを購入したい方は、是非ディーワークスにお任せください。ディーワークスが提供している「STEEL MATE 886X」は、イモビライザー機能や、バックアップバッテリーを搭載しています。双方向セキュリティアラームシステムで、バイクに異常が起こった場合、リモコンに通知がきます。また、車両のバッテリー電圧を表示できるため、ご自身でバッテリーの管理もしやすいです。販売から取り付け、アフターサポートまで、お客様が不安に感じないよう、誠心誠意対応させていただきます。

バイクの盗難防止にイモビライザーのご活用を

会社名 ディーワークス株式会社
住所 〒247-0075 神奈川県鎌倉市関谷770
電話番号 0467-43-1003
FAX番号 0467-43-1009
Email info@dworks.jp
URL http://dworks.jp/
営業時間 AM10:00~PM7:00 定休日:水曜日

オンラインショップはこちら

category menu

  • Steelmate社製品
  • 取り扱い店舗
  • セキュリティーとリモートエンジンスタート機能について
  • D-Wroksの強み
  • 過去取扱い製品一覧
  • 通信販売法
  • お知らせ